COLUMN
 

化粧品とアレルギーの関係とは?
〜時代と共に進化し続ける VMVのスキンケア〜


スキンケアなどの化粧品によく使われる成分の中には、「アレルギーを発症する可能性のある成分」があることをご存じでしょうか?

健康な肌をキープするためにはアレルゲン(アレルギーを発症する可能性のある成分)とうまく付き合っていくことが大切。

VMVは、アレルゲンをできる限り排除し、お肌に優しいスキンケア化粧品をみなさまに提供し続けるために、これまで進化を続けてきました。 


今回は、「化粧品とアレルギー」の関係について紹介してみたいと思います。

  

■実はとても分かりにくい?日本の化粧品成分表示

以前、化粧品のパッケージラベルには102種類の「アレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」を表示する義務が薬機法で定められていました。

これを"表示指定成分"といい、アレルギーを起こしやすい成分として比較的有名なパラベンや、香料、合成界面活性剤、酸化防止剤、防腐剤などが含まれています。

この"表示指定成分"は、制定されたのはいまから40年も前のこと。

それから現在まで、医薬や美容の成分・技術はどんどん進化を重ねています。
そうした観点から考えると、たとえ"表示指定成分"に含まれていない成分だったとしても「アレルギー等の肌トラブルを起こす成分」が含まれている可能性が十分にあるのです。

その後、薬事法は2001年に改定され、「全成分を表示すること」が義務づけられました。
しかし、全成分表示になったことで「アレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」が分かりにくくなり、医科学的知識のない消費者からすると、成分の表示を正しく読み解くのがむずかしくなった、とも言われています。


 

■「天然成分=安全に使える」は本当?

「天然成分」や「植物由来」といったことを前面に出して、商品開発や宣伝をしている化粧品をよく見ますよね。しかし、「天然成分=安全に使える」「植物由来成分=肌にやさしい」なのでしょうか?

実は、そうではない場合もあるんです。

たとえば、オーガニックコスメでよく見かける"イランイラン"や"ティーツリー"などは、海外ではアレルゲン(アレルギーを引き起こす可能性のある成分)として挙げられています。さらに、"ペパーミント"や"ラベンダー"などの植物油は、精製度が低く不純物が含まれていることがあり、そうした不純物がアレルゲンになることも。

「アレルギーを引き起こさない」「肌トラブルを起こさない」

そうした観点で見ると、天然成分や植物由来の成分が「肌に良い成分」だとは言い切れないこともあるんですね。

 

■時代と共に進化し続ける VMVのスキンケア

VMVが始まった当初は、10種類のアレルゲンを除去した化粧品を販売していました。その後、2010年にはアメリカ・ヨーロッパの2つの皮膚科学会の派生機関(NACDGとESSCA ※2)で挙げられているアレルゲンのうち、化粧品で使用される76種類のアレルゲンを除去した商品へとリニューアル。

2022年現在は、109種類のアレルゲンを排除の対象としています。

化粧品やアレルゲンの種類は時代とともに多様化し、日々更新されていきます。同時に、技術や環境も刻一刻と変化していきます。そうした大前提を認識して、正しい情報を得ながら化粧品を選ぶことが、アレルゲンとうまく付き合っていくために大切なことです。

わたしたちVMVは、最新の臨床データをもとにできる限りアレルゲンを除去し、さらに、公正な情報開示をすることをモットーに商品開発をしています。接触皮膚炎の研究成果をベースに開発を重ねながら、 海外の皮膚炎研究機関が提唱するアレルゲンリストがアップデートされるたび今後もバージョンアップしていきます。

日ごとに進化を続けるVMV製品が、あなたのお役に立つことを願っています。 



※1.北米接触皮膚炎共同研究班(NACDG)
Zug KA, Warshaw EM, Fowler JF, Maibach HI, Belsito DL, Pratt MD, et al. Patch-test results of the North American Contact Dermatitis Group 2005-2006. Dermatitis. 2009;20(3):149-60
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19470301

※2.ヨーロッパ接触皮膚炎監査システム(ESSCA)
Uter W, Ramsch C, Aberer W, Ayala F, Balato et al. The European baseline series in 10 European countries. 23005/2006 ? Results of the European Surveillance System on Contact Allergies (ESSCA). Contact Dermatitis. 2009;62:31-38
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25639629

ショッピングガイド

SHIPPING 配送・送料について

クロネコヤマト
■全国一律 送料 770円(税込)

■5,500円(税込)以上のご購入で送料無料となります。

RETURN 返品について

不良品
基本お客さまのご都合による返品・返金はお受けしておりません。

但し、お届けの商品の破損や不良、お届けの商品が注文内容と違った場合はその限りではありません。
お手数ですがメールにてご連絡ください。商品交換又は、ご返金させていただきます。
返品期限
商品到着後7日以内に弊社までご返送ください。
返品送料
お届けの商品の破損や不良、お届けの商品が注文内容と違った場合の返品時の送料は、弊社にて負担いたします。

PAYMENT お支払いについて

クレジット
代金引換 (現金・電子マネー・クレジットカード対応)
【※ご一読ください※】

商品お届けの際に、現金・電子マネー・クレジットカード・デビットカードより支払い方法お選びいただき、配送業者へ代金をお支払ください。

※ 代引手数料330円(税込)が別途かかります。
※ 電子マネーでお支払いの場合、上限金額がございますのでご注意ください。「交通系:2万円」、「nanaco:5万円」、「楽天Edy:5万円」、「waon:2万円または5万円」

宅急便コレクト お届け時カード払い
⇒お届け時カード払いの詳細はこちらから

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い
⇒お届け時電子マネー払いの詳細はこちらから


■領収書について
代金引換にてご注文の場合、当店では領収書の発行は行っておりません。

送り状伝票に付属の「配送業者(ヤマト運輸)が発行する代引金額領収書」が、税務署で認められている正式な領収書となりますので、こちらをもって領収書に代えさせていただきます。
銀行振込
【※ご一読ください※】

ご注文確定後、お振込先のご案内メールをお送りいたします。
ご注文後一週間以内にお振込みください。 商品の発送は入金確認後となります。

※ 1週間以内にご入金が確認できない場合、ご注文をキャンセル扱いとさせていただきます。
※ 振込手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。